プロフィール

Your spiritual companion 麿山真実 MAYAMA Mami

想い観 星読み 夢解き により、ご依頼頂いた皆様の物語と想いに同行することで、心の整理や気がかりな問題との付き合い方のお手伝いをしています。

「今後何が起きるか」も気になるでしょうが、その為に 「今、何をするのか」を大切に、共に歩いていきたいと願っています。


神奈川県横浜市出身 兵庫県西宮市育ち
福岡市中央区在住

幼少期から夢見が活発で夢解きへの興味を抱く。
小学生からタロットカードを始め、その後、占星術などを学ぶ。

1996年 屋号を「KARULA(カルラ)」とし福岡市中央区渡辺通5丁目で開業。HP開設。来所相談とHPからのメールと郵送による通信相談を開始。

1999年 西日本新聞 都市地区オピニオン十期メンバーとしてコラム提供(2001年1月終了)

2001年 福岡市中央区薬院1丁目に移転

2005年 FMラジオ 富樫 明生(m.c.A・T)の BEAT DELUXE (NORTH WAVE、CROSS FM)番組内で麿山真実の週間占い 提供(隔週) (2008年 番組終了)

2006年 Web雑誌 セカンドライフ にて 夢解きコラム連載(全6回)

来所(予約制)、出張診断やお話会(講演形式)の他、 通信診断は国内外からご依頼いただき現在にいたる(日本語対応のみ) メールリンクからお送りいただけない場合は、karula@ryuse.jp までお願いします

私見(テーマ「占う社会」2000年3月18日西日本新聞オピニオン掲載文より)

道に迷った時、地図があると便利です。困難な道でも、どれくらいで抜けるのか、大まかにでもつかめれば、腹をくくって挑むことも出来、かたわらに気づかなかった道があれば、方向転換も出来ます。この地図が占い、道具の一つです。

どんなものも、心の力(潜在意識)にはかないません。占い結果に、自己認識のない喜ばしい特質があったなら、迷わず「あるある!」と言い切りましょう。逆に嫌な内容は、少し立ち止まってから、手放しましょう。

幸運な未来予測も、当人が否定していれば、かたくなさに弾き飛ばされます。しかし、逆に波に乗る自分が曖昧でも流されます。「宿命論より因果を大切に」占いを愛する私のスタイルです。(麿山 真実)