一般に雑誌等に掲載されている星占いは、
誕生時の太陽の位置のみを
取り上げたものが殆どです。これによると、
星座区分の始めに誕生した人と
後半に生まれた人では、
当然の事ながらその度数が
最高約29度も異なることになります。
又、月や水星、金星、火星、木星、土星等、
その他の惑星は、まず考慮されていません。

本来占星術は、出生時間・場所などから
ホロスコープ上に示される、
非常にパーソナルな星の配置図であり、
資質や未来運気についても一慨に
「**座生まれ」というような枠組みで
片づくものではありません。

しかしそれでも何となく、
ついつい目を通してしまうのが、
星占いではないでしょうか?
このページでは、これを踏まえた次元で、
ご参考になれば幸いです。

今月の運勢

更新のお知らせや、星の運行についてはTwitterや音声配信でお送りしています

Twitter https://twitter.com/KarulaMayama

音声配信 チャンネル stand.fm 星読み夢解きよもやま話

webからもコメントできますので、お気軽に
ご質問などなんでも、いろいろおよせください。
新しい交流ができればうれしいです。

また、standFM配信分のlist、および旅の記事やコラムは
noteにまとめております ⇒ https://note.com/karula/

お時間あれば是非ご覧ください。

note有料記事のご案内
2022年魚座の木星について有料記事(音声配信つき)を
ご購入いただいた方に、 生年月日をお伺いして、
個人別2022年への ワンポイントメッセージ(270文字前後)を
おおくりしています。 詳しくは下記をクリックしてください。

 魚座I believeの木星の間にしておきたいこと

 

01月20日〜02月18日 太陽が水瓶座にいる月

牡羊座
信念を持って徹底的に情熱を傾ける時。それは趣味でも仕事でも遊びでも構わない。その姿勢が全体の運気を上げて、実際に希望がかないやすくなる暗示。新しい仲間や繋がりは良縁。自身も素直に自己表現を。創造性も高まる暗示。
牡牛座
1月末までは再調整。2月からのスタートを前に、上司や先輩との交流から自分の実力を確認したり、今後へのヒントが得られそう。2月1日の新月から新しいことを始めるのも吉。やや迷いやすさも見られるが公私の顏が違ならそれもまた吉。
双子座
自身の深い部分に触れる時。今まで当たり前だと思っていたものに小さな疑惑いたなら、そこは掘り下げる場所。お陰で新しい視点や、自分の拠り所が見つかる可能性も。また、新な勉強のスタートにも好機。特に異文化や言語は吉。
蟹 座
不思議や、導かれているような出来事に遭遇するかも。偶然にみえる、自分の力だけではない出会いや出来事は護られている安心感を与えてくれそう。また身をゆだねてみる、流されてみるというのも一つの選択。自力ではなく他力も吉。
獅子座
相手と自分、双方ともが満たされる選択と行動をする時。又、2月4日頃までは、自分の考えに引き込もうとしてくる人や、逆に自分が誰かの世話をしようとしすぎたり過干渉になったりしないように注意。良縁は自然に残っていく。
乙女座
いつもより心身をいたわっておきたい時。エネルギーはあるのだが、その分、小さなストレスや、積み重なった無理に気づきにくいかも。「大したことない」「自分が頑張れば済む」等からは離れて、素直に感情を認め、自分に優しく。
天秤座
二の足を踏んでいたことは進み始める時。また、未知をあれこれ考えても同じだと腹がくくれる場合も。特に2月中旬からは頭も冴え、必要な仕事をてきぱきこなせる暗示。ただ健康面ではうっかりしての怪我に注意。落ち着きをもって。。
蠍 座
他者と過ごすことが楽しい時。良い刺激は勿論、愛情で満たされたり、ほっとしたり、何事も自分独りでやっているのではないと実感できそう。これにより謙虚にもなれ、自身も周囲に同じ愛情やぬくもりを贈れる暗示。笑顔で接して。
射手座
財産の遣い方を意識する時。それは金銭だけでなく、心のエネルギー、肉体的労力も含まれる。搾取されたり過剰に遣われていないか、自分も無駄遣いしていないか、現実や道理に見合っているかをチェックしたら、心に従った改善を。
山羊座
人づき合いの方法を変えていく時。今までとは違う対応をしてみたり、違うタイプの人と話してみたりと、新しい関わりや人間関係を求めて吉。そしてその中で感じる自身の心の動きや反応に着目。ひと回り大きくなった愛すべき自分がいる。
水瓶座
人知れぬ努力は来月には報われる暗示。今は着々とそこに向けて、目の前の出来ることをする時。励ましの声や援助の手は差し伸べられる暗示。それにも支えられ、また自らの道を信じることも大切。挑戦を考えなら2月1日からは特に吉。
魚 座
内側の力に気づける時。こんな面があったかと、周囲が驚くような場合も。少しでも自分の心が動いたものは恐れず挑戦。またそのエネルギーを確認するために、独りの時間を持って。更に、次に臨むために、日々その都度のリセットを。