一般に雑誌等に掲載されている星占いは、
誕生時の太陽の位置のみを
取り上げたものが殆どです。これによると、
星座区分の始めに誕生した人と
後半に生まれた人では、
当然の事ながらその度数が
最高約29度も異なることになります。
又、月や水星、金星、火星、木星、土星等、
その他の惑星は、まず考慮されていません。

本来占星術は、出生時間・場所などから
ホロスコープ上に示される、
非常にパーソナルな星の配置図であり、
資質や未来運気についても一慨に
「**座生まれ」というような枠組みで
片づくものではありません。

しかしそれでも何となく、
ついつい目を通してしまうのが、
星占いではないでしょうか?
このページでは、これを踏まえた次元で、
ご参考になれば幸いです。

今月の運勢

 

*お電話・FaceTime(オーディオ)相談
 レギュラー化しました  詳しくはご相談についてをご覧下さい。

 

04月21日〜05月20日 太陽が牡牛座にいる月

牡羊座
強いエネルギーが湧く時。ただしこれが前進に用いられるか、嫉妬やひがみに向かうかは、自分次第。いずれにしてもじっとしていられないほど何かを成し遂げてみたい意欲がそこにある。心静かに、ただ事を成して吉。
牡牛座
良いも悪いも、因果応報の働きを実感しやすい時。又、自分が出来ないことを人に指図する時は、客観性と冷静さを忘れずに。子供のような純粋さやまっすぐな情熱は魅力である自覚を持ち、率直に素直に語れば吉。
双子座
お金の使い方や財政状態を見直すのに良い時。また5月中旬からは改善策や斬新な発想に恵まれる暗示もあり、生活基盤を整える絶好機。ただし全般的にあまり急がないことがポイント。また投資やギャンブルは慎重に。
蟹 座
自身の心内だけの場合も含まれるが、何かしらの終止符が打たれる時。無理な物事からは距離を置き、自分を守るって吉。別れもまた自然のなりゆき。ただし決定的な関係を約束したり、ビジネス上も含めた契約には熟考を。
獅子座
再会や再協力など、2度目以上の関わりや物事に幸運がある時。リラックスした意見や知識交換が次への一歩を促してくれそう。健康面では不調には早めの対処を。日常的にストレッチや良い姿勢を心掛けると心身ともに良好。
乙女座
進んでいた物事が停滞したり、後戻りしているように見えても、気持ちをしっかり、維持して待つ時。5月中旬からは再始動の暗示。大げさな目標追求より、無関係でも出来る事から済ませていく日々が「その日」につながる。
天秤座
親や周囲のために尽くすことが増える時。少し不自由さを感じても、情けは人のためならず、この経験と想いは、もう少し先に、自身の学びと喜びにつながる暗示。恋愛も含め、答えは急がず、自他双方の心と行動を観察して吉。
蠍 座
全般的に好調。特に4月から居場所や人間関係が変わった人は良い面が際立ち、嬉しい出来事が増える時。ただ、少し勢いがつきすぎる心配もあり、共同作業時には心穏やかな物言いで。これにより悔いや迷いも生じない暗示。
射手座
心身共の健康に注意をしたい時。気持ちは意欲や責任感で溢れていても、体の声をしっかり聴いて。特に腰、喉、皮膚の不調は休めの合図。全部を担うより、上手に采配し、周りにも達成の喜びと自信を感じてもらって吉。
山羊座
ここしばらく正念場を迎えていたり、今後を思案していた人は、一つの光が見える時。ただ、まだ最終決断は早計。過剰な反省や、自信喪失、或は逆に興奮気味の意欲もマイナス。自己顕示欲より、心躍る選択か否かを目安に。
水瓶座
旅行や友人との交流は大いに楽しめる時。特に4月末以降は出先に良い刺激が待っている暗示も。少し元気がなくても、引きこもるより表に出る方がすっきりできそう。又、文字より直接会話、頭より体を使った日中を過ごして吉。
魚 座
問題は一度に解決しようとせずに、一つ進めばそれでよし。また少し後退しても、半歩でも動けたなら、確実な歩み。周囲の無理解や非協力をあげつらうより、独りで成し遂げられるものに取り組んだり、その準備を始めて吉。